06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワット前

アンコールワット前。
ほんの100m。
距離にしたら全然大したことないように思えるかもしれない。
その道を封鎖したことによってその道沿いの空き地に今まで客待ちの際に駐車していたバイク・トゥクトゥク・車は移動を余儀なくされた。
そしてKOREANだか国家首相だか知らないが誰かの手によって付近におあつらえ向きの新しい駐車場と迂回路が作られた。
今までと違って有料だ。
確かに大した額じゃない(1時間500リエルくらいだったと思う)けどもちろんいきなりそんなものを作られても割高感があり、多くの人は路上に駐車した。
道は今までになく混雑した。
そして空き地でお土産を売っていた人も売上ががた落ちした。もはやそれは死活問題だ。

ここはカンボジアでクメール人の祖国なのに行政はクメール人のためではなくお金持ちのために動いている。
でもクメール人はそこで今までのように失望するにとどまらなかった。

そしてどこからともなく話が持ち上がった。
「バイクタクシー・トゥクトゥク・車のドライバーがデモを起こす」
暴力沙汰になる可能性もあり、危ないので夕方見に行った。
そしてわたしはアンコールワット前の道から王の別荘近くまで、カンボジアのアンコールワットをあしらった国旗を掲げた人を先頭にした凱旋を見た。
あとからあとから車やバイクに乗った人が本当に何百人も続いていた。
みんなかなり興奮していて道の人が声をかけると大騒ぎして答えていた。
デモは成功した。
無料で水が配られていたことからして支援する人もいたのだと思う。
アンコールワット前の不当な柵は取り払われていた。
前と同じように空き地に車やバイクが停められていてあの駐車場はもぬけの殻だった。

日本でもし同じことが起きても(日本では起きないことだろうと思うけれど)誰も動かないような気がした。
カンボジアはまだ若い。それを実感して、日本人のわたしは少しうらやましかった。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

いつき

  • Author:いつき
  • 訪問ありがとうございます。
    彼に会うまでは絶対にありえないと思った国際恋愛。
    どうしてこんなことになったのか・・・。

    写真、入れてみました。
    恥ずかしいのでぼかし気味。
    下で手を広げているのが彼です。


    にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
    にほんブログ村
    国際結婚ブログのランキングはこちらから。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。