FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かや、下痢をする

ある日、かやが下痢をしているのを見つけた。
後ろ足がウンチで汚れている。

「かやが病気!」
びっくりして彼に言った。
わたしが出しっ放しにしていた古いミルクを飲んでしまったらしい。
完全にわたしが悪い。
頭の中がぐちゃぐちゃだった。
『明日には死ぬな』
父親がなんてことのないような口調で言った。
クメール人はペットを家畜としてみる。
情なんてないし死んだらそれでいいのだ。
「病院は? 病院!」
それを家族に伝えると彼の妹が笑い出した。
病院に行けない貧しい人がいるカンボジアでは猫を病院に連れて行くなどという感覚を誰も持ち合わせていない。
「行かない、いいでしょう?」
彼までそう言い出した。
「だって行かないと死ぬでしょう!?」
半泣きになってわたしが言った。
「じゃあ新しい猫持って。ね?」
「ばかじゃないの!」

そしてかやは病院で注射を打ってもらった。
2回行って払ったお金は全部で35ドル。この国にいると猫にお金を払う陰で売られていく人もいるというそのギャップのことも考えたけど。
目の前の小さな命を見捨てたくなかった。

日本人が行くと高くつくというのでわたしは留守番。
ただ、打たれた薬がまだ小さいかやには強すぎたのか何度もけいれんを起こした。
そのたびにもうだめなんじゃないかと思ったけど。
彼が食欲のないかやに無理にご飯を食べさせたりもして、次の日の夜、ずっと眠り続けたあとに「みー」といつもの元気な声を聞かせてくれた。
嬉しかった。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

いつき

  • Author:いつき
  • 訪問ありがとうございます。
    彼に会うまでは絶対にありえないと思った国際恋愛。
    どうしてこんなことになったのか・・・。

    写真、入れてみました。
    恥ずかしいのでぼかし気味。
    下で手を広げているのが彼です。


    にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
    にほんブログ村
    国際結婚ブログのランキングはこちらから。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。