FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹の彼氏の秘密

わたしはそれをおととい知った。

わたしがいないとき、彼の実家を1人の女性と3歳の子どもが訪れた。
『わたしはアモン(彼氏の名前)の妻です』
家族全員が凍りついた。
わざわざプノンペンからやって来たという。
(どうしてここが分かったのかは聞いてないので知らない)
そして一緒にいるのはもちろん彼氏の子どもだという。
野次馬なわたしとしてはその場にいなかったのが残念。

今までもいろいろと非難を浴びることが多かった彼氏だけど今回はびっくりした。
聞いたところによるとプノンペンに住んでおり、結婚証明書は作っていない内縁の妻だという。でもクメール人にはあまり書類は重視せずに一緒に住んでいて子どもまでいればもう夫婦とみなす風潮がある。
でも彼氏がお金があるとプノンペンへ行ってしまう理由がようやくわかった。

家族は嫌いになっているが妹は別れるつもりはないらしい。
わたしと同じように(?)きっと苦労するだろう。
スポンサーサイト

こういうの見るとちょっとドキッとします。
彼はシェムリアップ在住なのですが遠距離なので…そして郵便物は実家のあるバッタンバンに送ってくれというあたりが最高に怪しくてたまに悩みます。信じてますけどほんとに大丈夫なんだろうかと。

子どもがいない場合は困ったことによくあることみたいです・・・。

でも郵便物は郵便局から電話があって自分でとりに行くことになっているので(しかも手数料がなぜかかかる)郵便局から遠いところに住んでるとしたらそういうこともあるかもしれないですよ。

そうなんですか~
噂には聞いてましたがやっぱ手数料かかるんですね。彼はシェムリアップの町なかに住んでるはずなんですけどね。実家に取りに戻るとしたらバスで3時間はかかるのでどう考えたってシェムに送るほうが効率いいんですけどなにかあるんでしょう。秋に仕事探しも兼ねて行くのでこそっと調べてみようと思います(笑)
あのぅ、関係ないんですがいつきさんてN市かその付近出身だったりします?
日記でのお母さんとの会話があたしが普段話す言葉と同じだあと思って気になってました。

長々としかも関係ないことまで失礼いたしました~

街中に住んでるんだとしたらどうなんでしょう?
こっそり調べてみることをお勧めします(笑)
でもわたしはシェムリアップにしか郵便送ったことないんですが紛失が多いんですよね。
他の場所だとそんなことがないとか??

仕事探しにこられるんですね。
シェムリアップはハイシーズンは日本人の求人も結構あるので頑張って下さい!
ただ、給料はありえないほど安いです(涙)

あ、ちなみにわたしの出身はずばり名古屋のすぐ近くの町です。
母親との会話は方言出まくりですよね。

浮気なぞしたらいろんなルートから耳に入るはずなんですが今のところそれはない様子(笑)紛失を懸念してのことかもしれませんね。実家に送って紛失したことはまだないので。

来年の秋には住む予定なんですけれど仕事が見つかれば彼を説き伏せて今年の秋からそのまま住みつこうかと思っています。

その頃いつきさんがカンボジアにいらっしゃるならういろでもお持ちしますよ☆

彼の場合は嘘ついてもうまくないからばれるんですよね。
帰りがあまりに遅いのに全然お金持ってないから問いただすと「わたしは客待ってでしょう?」と下手な日本語で弁解。
その後ズボンのポケットからディスコの領収書が(笑)

わたしは今年はまだ帰る予定がないです。
久しぶりにういろを思い出しました(笑)
こっちにいると娯楽が何もないのが淋しいです。
日本にいるときはこっちが懐かしかったけど1年以上帰らないと日本が懐かしい・・・。
(でも帰ると今度はまた逆になるんですよね)

誕生日誤魔化すくらいはありました(当人も正確に知らないんでしょうけれど)
うちは厄介なことに先に正直に申告し私が怒ると「あなたがどう言うか聞いてみたかっただけです」と逃げるずるい人です。結局バレてます(笑)

日本では桜が咲き始めました。3月に入り何故か冷え込んでいましたが、ここ一週間ほどぽかぽか陽気でやっと春が来た感じです。

彼も最初はなぜか生まれた年をごまかしてました。
年上に見せて貫禄でも出したかったんでしょうか(笑)

今年も桜が咲いたんですね。
去年に引き続き見ておりません。
やっぱりいつかは帰りたい・・・。
Secret

プロフィール

いつき

  • Author:いつき
  • 訪問ありがとうございます。
    彼に会うまでは絶対にありえないと思った国際恋愛。
    どうしてこんなことになったのか・・・。

    写真、入れてみました。
    恥ずかしいのでぼかし気味。
    下で手を広げているのが彼です。


    にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
    にほんブログ村
    国際結婚ブログのランキングはこちらから。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。